サーフィンの正しいライディングイメージの仕方

サーフィンを始めたらまずは一番に考えて欲しい部分がライディングイメージです。

このサーフィン=ライディングというイメージを持ってほしいと思います。

最近の体験スクールではファンやロングで立つことを先にやってしまいます。

しかし、あのボードの上に立つのと、うねりの上にあるボードの上に立つのは全く別物なんです。

体験スクールでは後ろにスープという波の崩れた部分があって、滑っている部分はボトムというフラットな面になってしまいます。

波をしっかりと捕まえて乗る場合は、波の斜面の上にあるボードの上に乗っているので、角度のある斜面から降りている状態です。

スノーボードでいえば、斜面の無いフラットな部分で後ろから誰かに押してもらっている状態と、ゲレンデ自体の斜面で重力によって滑っているときのような差です。

サーフィンの場合は波のパワーを受けて滑るので、さらにすごい事になります。

サーフィン中毒になる方というのは、このうねりから乗って立って波の上を信じられないスピードで疾走する快感を味わってしまうからなんです。

このサイトに訪れた方には、是非波のパワーを受けてうねりから滑ってサーフィンを楽しんでいただきたいと思います。

hrgadfafs

それでは一番最初にイメージしてほしいライディングのイメージの仕方です。

ライディングイメージの仕方

 

サーフィンというものは波の上で行いますので、普段生活している通常の重力状態とは違う場面が多々あります。

例えばバイクや自転車などでカーブを曲がる際には重力に従わずに遠心力に従って体を傾ける必要がありますよね?

サーフィンの場合はライディング中はほとんどが遠心力と波のパワーを受けて重力に対して垂直になっている時間は少ないです。

しかもあの波の斜面の上ですし、水の上で立っているという姿勢のため不安程度はかなり高いです。

説明だけ見ると相当難しいように見えますし、自己流でやっているかた、なかなか上達させてくれないスクールに通っている方には更に難しく感じているかもしれません。

ただ、乗れるようになってしまうと大して難しいことも無く、自転車などでもスピードが出ていれば安定しているのと同じ要領なんです。

テイクオフの動作で正しい立ち方をしていただければ、立った瞬間から安定しますのでそれほど難しという意識も無くなると思います。

まずはサーフィンを始めたら、このライディング姿勢を正しく理解して、正しい乗り方を覚えてからテイクオフの動作、波のキャッチ、パドリングと知識を付けて行ってください。

実際に練習を行う順番は、

  1. パドリング
  2. 波のキャッチ
  3. テイクオフ
  4. ライディング

という順番ですが、

まずは知識を得るために読む順番は、

  1. ライディング
  2. テイクオフ
  3. 波のキャッチ
  4. パドリング

という順番で読んでくださいね。

 

ライディングイメージの仕方をする前に大事なことがあります。

まずはご自分でYouTubeなどでサーフィンというものを見てください。

サーフィンといっても、

  • ボディーサーフィン
  • ボディーボード
  • ショートボード
  • ファンボード
  • ロングボード
  • パドルボード
  • ウインドサーフィン
  • カイトサーフィン

といろいろな種類があります。

ここでは、

  • ショートボード
  • ファンボード
  • ロングボード

と自力で波に乗ってボードの上に立つサーフィンについて書いています。

このご自分でこれからやりたいと思う動画を見てください。

今やっているものでは無く、最後にはやりたいと思う種類を見てくださいね。

※今はロングで練習しているけど、最終的にはショートに乗りたいという方はショートの動画を見てください。

たとえばショートならこういう動画です。

これから始めるのにこんなレベルの高い動画なんて…

とは思わないでくださいね。

なにもこういう技をするのではなく、あくまでもライディングのイメージはこういうことが出来るというイメージをもって欲しいのです。

ここでレベルを低くしても高くしても、その目標に達する時間は同じです。

同じ運動神経で同じ年齢のAさんとBさんが居たとします。

Aさんの目標はロングボードで立つこと。

Bさんの目標はショートボードで技をかけること。

恐らく目標に達する期間はAさんもBさんもほとんど変わりません。

ただし、Bさんは目標が高いので、Aさんが目標としている立つことというレベルは早い段階でクリアします。

何十人何百人と教えてきてこれは間違いないです。

最終的に目標に達するように人間は行動するようにできているのですから。

目標が高くても同じことをやるわけではないです。

目標が高いとその目標に達するために必要な項目を早く終わらせようとする動きになります。

早く技をかけるほど上達したいと思う方が、テイクオフで挫折するわけにはいかないんです。

そこでこのサイトにある、サーフィンの基本をいち早くこなして、安定したテイクオフを手にして、早い段階でライディングの練習に移ってほしいのです。

gaewgaew

このようなライディングをしている写真やビデオなどで体の動きをチェックしてください。

手の位置、ひざの曲げ角度、顔の向き、目線や細かく言うと指の動きまでマネできたら最高ですね。

ちなみにこのライダーはデーン・レイノルズというサーファーです。

ライディングイメージを付けるときに重要な事

 

皆さんがこれからサーフィンを上達するためにはライディングのイメージをしっかりとつけて、そのイメージ通りの体の構え方を体に覚えこませてください。

海で行うスポーツなので海で練習したい気持ちもわかりますが、サーフィン初心者の場合は、海に行く練習以外に陸上での練習を多く取り入れて、反復練習出来る部分は陸で数多くやっておくことをお勧めします。

これから読んでいただくテイクオフの仕方と、このライディングイメージの仕方は陸でも出来ますので、出来るだけ時間を使ってやってみてください。

サーフィンは横乗りのスポーツです。

基本的に体の向きはボードに平行にして、

  • お尻
  • ひざ

という各部分はボードと並行方向へ構えます。

このライディングイメージで構えてみて、ここから10kgくらいある重いものを投げるイメージをしてみてください。

サーフィンはライディング中にいろいろな動きをしなければいけません。

レッスンで何度も言いますが、モノをいつでも投げることが出来る体勢を作っておくことが必要なんです。

よくほかのレッスンに通った方などは、進行方向へ体を開いて視線は進行方向という方がいらっしゃいます。

サーフィンを始めてから出来る人に教わっているので、初めて聞くことをうのみにしてしまう方が多いです。

実際にどうでしょうか?

上の画像はチューブから出てきて下に降りている状態いです。

脱力しているので若干肩と腰は開いていますが、進行方向へは向いていませんね。

顔などは次にアクションを行うところを見ています。

ここで進行方向を向いてしまっては波から降りるだけで終わってしまいますね。

gaeewdfddd

イメージでは上記の画像のように、足とひざ、腰、肩、頭は平行になります。

特に初心者の方はバランス力がまだついていませんので、腰を開いてしまうと利き足である後ろ脚を殺してしまいます。

腰はどちらかというと閉じる意識でイメージしてください。

重いものを投げる前の動作です。

今から右か左か上か下か言うから、聞いたら瞬時に投げてね!

と言われてもすぐに投げることが出来る体勢です。

そうすると自然に腰は閉じた状態になるはずです。

体勢の低さは低すぎると脚力が足りなくなり、逆に辛くなりますので、軽くひざを曲げる程度でいいでしょう。

足の曲げ方ですが、

gaeage

このようにお尻が突き出した形が正解です。

athefgd

このようにそのまましゃがんでしまいますと、ひざに負担んがかかって踏ん張れません。

しっかりとお尻を突き出して、腰を閉じて構えてみてください。

その体勢を鏡てみてみると良いですよ。

どこにでもこれから動けそうな体勢になっているはずです。

この形が出来たら、次はこの形に簡単になれるテイクオフを覚えましょう!

 

サーフィンスクールはこちらから↓

villageサーフスクール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です